2017年05月30日

「ROAD RIDERに掲載」の巻

 只今絶賛発売中の2017年7月号「ROAD RIDE」に先月行われた
ROAD RIDER創刊35周記念撮影会の記事が掲載されています
DSC_0183.JPG

 開催場所は埼玉県岩槻市の国道16号と国道122号が交差する
渋滞情報でもお馴染みの加倉交差点の直ぐ近くに出来た、
まだオープン間もない「MOTO UP」さん
DSC_0193.JPG

 撮影の様子は4月24日の記事「ロードライダー35周年記念撮影会」
見て下さい

 他所で行われた撮影会の様子と併せて見開き4ページに渡って紹介されて
ます。
DSC_0185.JPG

 まずは撮影会の場所でばったり会ったAKEちゃんご夫婦
DSC_0189.JPG

 たなちゃん
DSC_0192.JPG

 カズ
DSC_0190.JPG

 椿
DSC_0191.JPG

 パワーチェックの記事ではまたまたAKEちゃんご夫婦が登場
DSC_0186.JPG

 今月号ではCB-F特集のほかに、ゼファー特集も組まれています
DSC_0194.JPG

 400とΧだけですが、ゼファー誕生秘話や、各年式を追って特徴が
紹介されています
DSC_0195.JPG
DSC_0196.JPG
DSC_0197.JPG

 昔の雑誌に登場していた有名ショップさんによるカスタム車両も
紹介されていて懐かしいです
DSC_0198.JPG

 右下「CRASS FOUR」さんによる赤いゼファーはこの後、同パターン
でショッキングピンクにオールペンされメッキを多様したど派手な仕様
へとなったのを印象的でした
 左中段の「REDMOTOR」さんのZXRの倒立フォークの入った
グリーンのゼファーも衝撃的でした

 次ページでもカスタム車両が紹介されています
DSC_0199.JPG

 右上のファイヤーパターンが印象的な「MUSASHI」さんのゼファーも
よく当時雑誌に取り上げられましたね、この車両ヘッドはGPz用が流用され
なんとインジェクション仕様なんですよね〜
GPz1100の純正インジェクションを上手く流用したみたいです。
 実は椿号のサイドカバーは、この車両のアルミ板で造られたサイドカバー
を雑誌で見て印象的だったので真似しました

 これらの車両が掲載されている昔の雑誌は今でも持っていて、
時々見返すと、カスタムパーツが少なかった当時の試行錯誤が良くわかり
面白いです。

 最後は、当時人気を二分したYAMAHAのXJRとの乗り比べ記事です
DSC_0200.JPG

 後発のXJRの方が全てにおいて勝っているのは当然なのですが・・・
記事を読むと、両者共に現在のカスタム熱を予測していたかのように
「素材」としてのバイクをメーカーがユーザーに提供してくれている
と書いてある、これと同じ内容の事が、実はゼファーが発売になった
当時の雑誌の中でカワサキ開発チームが語っている
 ゼファーが登場するまでのメーカーが造るバイクは、どこのメーカー
も「こんなに凄いマシンを造ったぜ」乗ってみろよと自信満々なマシン
が大半で、「ユーザー本意ではなくメーカー本意」

 70年代80年代の中古車が未だに人気なのは素材としての良さが
そこには有るから

 現在は環境問題等で、開発に壁が幾つもあるのは事実ですが、
メーカーにもまだまだユーザーが欲しがるニーズに応えられる様に
頑張ってもらいたいですね

posted by K.L.Z.C at 11:20| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック