2018年10月03日

「Gワークス バイクに掲載」の巻

今年の6月に取材を受けたGワークスさんの記事が
先月の29日に発売の「Gワークス バイク」に掲載されました
DSC_2129.JPG

残念ながら表紙にはクレジットされませんでしたが・・・
同系のエンジンを載せた「ZEPとZAP」特集として
P79〜P85に各車掲載されました。

取材時の詳細記事はこちらをご覧下さい。


まずはClub Zapperさんの萩野号から
DSC_2130.JPG

ノーマルルックに拘り、電装系の一部とステップ以外は
殆どノーマルと言う驚異的なコンクールコンディション。
塗装もオリジナルと言うから驚き
所々紫外線焼けで良い感じに褪せてるのも俄では絶対に
出せない味としてこのマシンの見所となっている


続けてK.L.Z.Cから先生号
DSC_2131.JPG

もちろん先生号の最大の見せ場はこのカスタムペイント
DSC_2144.JPG

普段はバグスターのタンクカバーで保護されているので、
ツーリング先等で見かけても中々全貌はお目にかかれない
まぼろし嬢
金箔や銀箔を駆使し手の込んだ仕様となっております。
DSC_2145.JPG

その他にも8pロンスイ化されたスイングアームに収まる
Rタイヤは弩級の200サイズ。
このRタイヤにパワーを伝えるエンジンはワイセコピストンの
810ccを輸出用GPz750カムで回す定番仕様。
キャブは勿論FCR33と泥りない


続けてClub Zapperさんから武田号
レアなZapperのLTDにテールカウルを取り付けたMix仕様
DSC_2132.JPG

見分け方は前後ディスクブレーキとキャストホイールなのが
LTD
ハンドルの下にウインカーが付くのもLTDの特徴だそうです
このLTDは738ccに排気量がアップしたZ750LTDのエンジン
に載せ替えてあるそうで、点火系は安心のウオタニ。


続けてK.L.Z.Cからイッテツ号
DSC_2133.JPG

イッテツ号の遍歴を書くと一記事書けちゃう位なので、
今回は簡単に
DSC_2142.JPG

入会時のイッテツ号はC4辺りのブルーにカスタムペイント
が施されたZep750。
そこからタンクを武田号と同じカラーにペイントし、ザッパー
のテールカウルを装着したザッパー仕様へ
DSC_2143.JPG

補強の入ったザッパーフレームを手に入れた事で、足回りと
エンジンをザッパーフレームへ移植。(外装はザッパーへ)
現在はエンジンをZR7用に載せ替え、足回りを18inch仕様
へと見直し、現在ゼファーのパーツで残っているのは、
メーター周りとフロントフォークと言う超ハイブリッド仕様。
点火系やカム等バランス良く弄っているので実は凄く速い


続けてK.L.Z.Cからカズ号
DSC_2134.JPG

カズ号紆余曲折あり現在の仕様となってますが、これも書くと
長くなるので割愛
DSC_2140.JPG

エンジンを見れば解ると思いますが、元々はブラウンメタ外装
の後期型エンジン。
しかし一昨年チョイとやっちゃいまして、本来なら廃車
なのですが・・・
DSC_2141.JPG

ザッパーフレームへ載せ替えたイッテツさんから前期型の
フレームを譲り受け、91年式として再登録
言ってみれば皆がやりたい前期フレームに後期エンジン仕様。
エンジンもオーバーサイズピストン+ハイカム&面研で
761cc仕様と長く乗れる仕様
現在はとにかくあちこちビッカビカで洗車時には外装を
全て外しフィンの間まで丹念に磨く愛車家のカズ
ワッシャーの裏表って皆さん気にしますか?
そこまで拘って愛車を造り上げるカズであります
そこまで愛されてZepも喜んでるはずです。


続けてClub Zapperさん会長、立川号
DSC_2135.JPG

こちらは、書けば一冊特集雑誌が出来るほどの拘りの塊
とにかくモリワキ愛、しかもザッパーが活躍した時代への
拘りは半端なく、無い物は自分で造ってしまう程。
レアパーツてんこ盛りで、ホイールはBEETのマグ鍛
ブレーキキャリパーもロッキード時代の丸みを帯びた
旧型の更に旧型の2ポット。
現行型(AP RACING刻印)フィンが大きい 
旧型(AP ROCHEED刻印)フィンは現行と同じ型だが造りが雑
旧々型(AP ROCHEED刻印)フィンが丸みを帯びて小さい
極めつけは耐久タイプのフロントカウルで、本物を借りて
きて、そこから型を起して特注した一品物
似た他車種用の流用なんかではなく、ステーから全て
ワンオフと言う拘り。
テールカウルもピン留め仕様。
エンジンもFXやGPzのパーツを流用しワイセコピストンの
800cc仕様。
白いファンネルも味を出す為に紅茶で煮出して色づけした
と言う


最後は椿号
DSC_2136.JPG

私のはもう何年も前から変わりないのですけどね・・・
強いて言えばシートをシングルシート風にした位ですね。
これも今まで付けてた茶のタックロール同様に江戸川区の
阿部シートさんで造ってもらいました。
着座ポイントを後ろ側にする為に前にアンコを盛ったり
滑らない表皮にしたりと拘ってみました
DSC_2137.JPG

エンジンは一昨年、茨城のPBさんで造り直してもらい
コスワースピストンで800cc仕様。
ヘッドからクランクまで全て手が入って真夏の渋滞でも
あまり油温上昇しないので助かります
ワイセコ810ccの時は信号待ちで120℃近くまで直ぐに
上がったのでヒヤヒヤでしたが・・・
DSC_2138.JPG

記事中では所有歴25年となってますが、よく数えたらもう
今年で27年目だ💦
あと何年乗れるのかな 


最後は集合写真📷
DSC_2139.JPG

皆さんいい顔してますね
今後もZapper系車両の特集企画が上がってるそうなので、
FX、GP、GPz、Turboを含めた一同勢揃いでご協力できれば
良いですね



最後に、今回の取材のお話を取り継いでくれたイッテツさん
友好クラブのClub Zapper様ありがとうございました m(_ _)m

そしてGワークス様、Zapper系と言うカワサキ伝統のエンジン
搭載車両に興味を持って頂いてありがとうございました。
Z1、Z2系エンジンが数年と言うスパンで終焉を迎えた中にあって
30年もの間熟成され生き続けたZapper系エンジン。
どうぞまた特集として日の目を見る機会が御座いましたら、
協力させて頂きますので宜しくお願い致します。

          Club Zapper , K.L.Z.C 一同。




posted by K.L.Z.C at 11:26| 千葉 ☀| Comment(2) | 雑誌掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事気付かずすいませんでした。急な声掛けだったもんで皆さんに告知出来ずすいませんでした。第2弾、第3弾あると思いますので皆様その時はお力貸してくださいませ。
Posted by イッテツ at 2018年10月21日 13:12
イッテツさん
ありがとうございました!
中々見応えのある記事内容になって良かったですね(^^)/
Posted by 椿 at 2018年10月23日 11:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。