2017年06月20日

FCRスモールボディー用SEPベアリングカイド 最終章

 今からちょうど一年前、FCRラージボディー用のベアリングガイドを

注文した椿、メンバー内から当然の如く「スモール用は無いのか?」

と聞かれ、共立工芸様へ問い合わせた事から話は始まりました


 共立工芸様では、丁度スモール用の試作品が出来上がったばかりで、

モニター車両を探していると言うことで、それならば迷いはありません

K.L.Z.Cで全面協力することになりました


 私がモニターに選んだ条件は・・・

1:距離を走る人

2:まだセッティングが出てない人

3:あまりメンテしない人


と言うことで、ヒロちゃん、たなちゃん、あきらにモニターを

お願いして、一年間使ってもらいました

 それまでの経過記事は下記をご覧下さい。





 一年経過した先日、最終チェックと言うことで、共立工芸様まで

行ってきました


 朝8時、八潮Pに集合

カズも冷やかしに来てくれました。

DSC00528.JPG


 時間は8時をまわりましたが・・・ あきらが来ません

電話をすると・・・ 寝ぼけ声


 椿 : 早くこ〜い 速攻

 あきら : すいません・・・ 直ぐに行きます m(_ _)m


8時30分、あきら到着。

DSC00529.JPG


 共立工芸様に9時行くと連絡してあるので、即出発です

葛西回りは、「ネズミの国」渋滞で真っ赤だったので、

箱崎から9号線で辰巳回りで湾岸線に出て、大井で落っこち

9時ジャストに到着

 おはよおうございまーす 今日は宜しくお願いします。

DSC00531.JPG


 最近「YouTuber」になったヒロちゃんは早速ぶつぶつ言いながら

動画撮影開始

DSC00532.JPG


 では早速ですが、キャブのトップキャップを開けて点検です

まずはヒロ号。

DSC00551.JPG


 一番距離走ってくれたヒロちゃん、5000`近く走ったそうですが

素晴らしいです、吹き返しの痕すらありません。

ライディングが丁寧なんでしょうね、全く問題ないですね

DSC00536.JPG


 続けて、全くメンテをしないあきら号。

DSC00552.JPG


 距離は1400`以上は走ったそうですが・・・

DSC00538.JPG


 エンブレを多用する走り方なので吹き返しが多い感じですが、

ガイドに傷みは見受けられず、こちらも合格

DSC00539.JPG


 最後は、セッティングの為しょっちゅう開けてジェットやニードル

交換をしていた、たなちゃん号。

距離は、4000`位でしょうか!

 途中まで外してくれていたので、たなちゃんのキャブは全バラして

細かくチェックすることに

DSC00533.JPG


 バラす前に、同調の確認と各部を細かくチェックです

DSC00543.JPG


 あきら : どこが減るんですか? あ〜ここなんですね!

DSC00549.JPG


 さ〜これからスロットル周りをバラしてベアリングガイドを抜いて

みましょう

DSC00542.JPG


 ヒロ : あ〜バラす前に撮らせて・・・ 五月蠅いYouTuber(笑)

DSC00550.JPG


 慎重にスロットル周りをバラしてベアリングガイドを抜いて行きます。

DSC00544.JPG


 たなちゃんもエンブレ大好きなので、吹き返しが多い感じですね

DSC00541.JPG


 こちらがバラしたベアリングガイド群。

DSC00548.JPG


 吹き返しで汚れてますが、傷や減りは全くなく合格

DSC00545.JPG


 ヒロ : これは汚ね〜な〜 運転がダメなんだよ・・・

 たなちゃん : うるせーなー誰かこのYouTuber何とかしろよ(笑)

DSC00546.JPG


 リップシールはそろそろ交換した方が良さそうですね、

洗浄して組んで行きましょう

DSC00555.JPG


 組み上げてる途中、ふと気がついた椿。


 椿 : スピゴットの長さ違くない?

 たなちゃん : マジで? 良く気がついたね!


個体差なんですかね? 0.4o位4番が短いですね・・・

気になる様なら、液ガス塗ってから高さ合わせて乾燥させれば!

DSC00556.JPG


 同調の最終チェックはオーナーのたなちゃんが確認


 たなちゃん : 老眼で見えない・・・ 合ってるよね?

DSC00558.JPG


 全て確認が済み再び組み上がりご満悦のたなちゃん

DSC00560.JPG


ヒロ : さっきから姿見えないと思ったら、キャブ持ってどうした?

カズ : あの〜ラージなんですが・・・ 在庫ありますか (^_^;)

ヒロ : やっぱそうだろ! 欲しくなるんだよ!

椿 : 後から自分でベアリング組むの大変だぞ! 今入れてもらえば?

DSC00557.JPG


 早速、ガソリン抜いて作業開始です

DSC00559.JPG


 早速、フロートチャンバーを開けジェット類を外します

DSC00564.JPG


 Z用を新品で購入し2万`以上走ってるそうですが、チャンバーに

着色も無くきれいですね

 今までスロットルボディーを抜いた事はないらしく、清掃は

エアーブローのみだそうです。

しかし、カズから気になる一言が・・・

エアーブローすると、粉っぽい物が出るとかで・・・

 怪しい・・・実に怪しい・・・

スロットルボディーを抜き、ボディーの摩耗を確認です。

DSC00562.JPG


 結果は・・・ 上手く写真撮れてませんが、スライド部のボディーは

見事に減ってます

張り付きが出る程ではないものの、2万`でもやっぱり減るんですね

 スライド部が減るとスロー領域で浮動バルブとボディーとの摩擦が多く

なり、こちら側のボディーも減ってしまいます。

ここが減ってしまうと致命的で、いくらスライド部にガイドレールを

入れても、浮動バルブの密着性が悪くなってしまいます。

即ち二次エアーを吸ってしまいスロー系がシャキッとしません

いくらセッティングを頑張っても決まらず、燃費も悪いと思います。


 このベアリングガイドセットは、部品点数だけを見ると一見高いと

思いがちですが、量産に向かない精密加工や素材PEEKを考えるとかなり

安いと思います。

そのうちになんて言ってると、あっという間に走行距離は伸びますので

新品のFCRに入れるのがベストだと思います


 だいぶ話が反れましたが、カズのキャブも順調に進んでいます

DSC00561.JPG


 このベアリングガイドを入れる場合、スロットルボディーのベアリング

に付いている樹脂ローラーは取り外しベアリングのみにします。

一カ所樹脂ローラーのみ(下画像右下)の場所はローラーを外します

DSC00565.JPG


 この後、この残ったピンも抜くのですが・・・ がっ

このピンがちょっとやそっとでは抜けません・・・

特殊工具がある方は下画像の様に簡単作業になります。

DSC00568.JPG


 この様な特殊工具を持ってない方が大半だと思いますので、

そんな方は、円柱状のピンを金ヤスリで削って平らな面を作り、

バイス(万力)に挟んで捻れば外れるそうです。

平らな面を上下平行に2面作ると更に確実に抜けるそうですよ

このやり方を知らなかった私もかなり苦労しました


 ピンを外した所には、セットに付属になってますピン付きの

ベアリングを圧入していきます

圧入はハンマーで叩いてとかは絶対にNGです。

下画像の様にバイスに挟んで慎重に圧入して下さいね

ホームセンターに売っている安い万力で十分です。

DSC00574.JPG


 ここで疑問が出てくると思うのですが・・・

「圧入ってどの辺まで入れ込むの?」って思いますよね

下画像を見ると分かりますが、ベアリング部分は少し盛り上がって

いて、ベアリングの回転部には接触しない仕組みになっています

DSC00573.JPG


 なのでしっかり止まるまで圧入して下さい。

あくまで加減しながらですよ〜 スロットルボディー歪んじゃいますから。

出来上がりは下画像の様に4カ所ベアリング仕様になります

DSC00585.JPG


 出来ればここまでバラしてあるので、中古FCRの方はリップシールも

交換しといた方が良いと思います

DSC00583.JPG


 さ〜スロットルボディーのベアリング化も済んだので、ベアリング

ガイドを組み込んで行きましょう

DSC00584.JPG


 しかしカズのFCR・・・ 何かがおかしい

スライド部のクリアランスがかなりきつく入りません。

一旦抜いてみると・・・

DSC00586.JPG


 減ったボディーの粕がベッタリ

これだけボディーが減ってると言うことです・・・

エアーブローすると粉がでる原因はこれか。

これは全て外して再度洗浄です

DSC00587.JPG


 洗浄後はエアーブローして隅々まで丁寧に

その後、たなちゃんのと同じ様にスピゴットの長さ確認しようとすると

あららスピゴット緩んでました

FCRはCRみたいにOリング入ってないので、ここには薄く液ガス塗り

ましょう、二次エアーの元です

DSC00588.JPG


 スピゴットの高さは大丈夫みたいですね

DSC00589.JPG


 後は問題なく組み上がり完成〜 カズもご満悦

DSC00591.JPG


 ではでは早速取り付けてみましょう

DSC00594.JPG


 まずは元のセットのまま試運転です。 第一京浜までの道を聞いて

行ってらっしゃ〜い

DSC00596.JPG


 帰ってくると、やはり下で濃い症状が出たのでASを手直しです

DSC00599.JPG


 一先ず今回はこれで帰ってみて、高速走って様子見て後日再度

細かくセッティングですね


 時間は何だかんだで15時

楽しく雑談しながらだったのであっという間でしたが

DSC00602.JPG


 共立工芸様、朝早くから色々とありがとうございました m(_ _)m


今回で、一応「FCRスモールボディー用SEPベアリングガイド」の

テストは無事に終了


 ラージボディー用で確実な実績が有るにせよ、商品化するにはそれなり

の試験は繰り返さないとなりません。

今回、一年に及ぶスモールボディー用のテストで、良い結果が得られ

いよいよ商品として販売開始となるそうです


 我々もテストに携わらせて頂き貴重な体験が出来ました事をこの場を

お借りしましてお礼と感謝を申し上げます m(_ _)m

また何か有りましたら協力させて頂きますのでご連絡いただけると

幸いです。

DSC00603.JPG


 スモール用はまだかと首を長くして待ち望んでいた方々、

お待たせしました、いよいよ発売開始です


※今回、カズのFCRにベアリングガイドを施工して頂きましたが、今後の為もあり作業工程を確認する為に、特別に作業して頂きました。

共立工芸様は、整備士有資格者ではありませんので、取り付け作業は受け付けてませんのでお間違えの無い様にお願い致します。

尚、今回の施工作業には賃金等は発生していませんことを確認を含めてお知らせしておきます。



【お問い合わせは下記までお願い致します】



【メンバーのヒロちゃんの動画はこちら】





続きを読む
posted by K.L.Z.C at 10:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

FCRスモールボディー用SEPベアリングガイド 其の二

先日お知らせしましたFCRスモールボディー用SEPベアリングガイドの続きです。

先日は第一段としてヒロ号に試作品を取り付けまして、現在500`近く走破
し絶好調との事です

今回は残りの試作品が仕上がったと共立工芸様よりご連絡を頂きましたので
たなちゃん号、あきら号に取り付けてきてもらいました
16.06.20.04.jpg

各部をチェックしながら作業は進みます。
ジェット類をばらすとちょっと疑問点が・・・
16.06.20.06.jpg

ASのネジ穴の深さにバラつきを発見
深さを測定し問題ないか確認です。
16.06.20.07.jpg

問題ないみたいですが・・・ 個体差ですかね?
つづきです
ベアリングの入ってない部分には新たにベアリング付きのノックピンに交換。
16.06.20.12.jpg

ではでは組んで行きましょう。
16.06.20.13.jpg

ばらすついでにリップシールも交換し、ガイドを装着していきます。
16.06.20.11.jpg


4気筒全て交換完了
16.06.20.09.jpg

それでは車体に組み付け実走テストです
16.06.20.08.jpg

ASでスローを手直し。
16.06.20.03.jpg

これで試作品は全て試験車両に装着が済みましたので、後はオーナーさんに
ガンガン走り込んでもらってデータを採ってもらいましょう
16.06.20.02.jpg
16.06.20.01.jpg

これで合計4台試験稼働しデータを採りに励んでもらう事になります。
満足の行く結果が出れば発売となると思いますので、任務は重要ですよ〜

今回も共立工芸様、朝早くからありがとうございました。
発売を待つ人も多いと思いますので、試験車両オーナー皆さん頑張って
下さい

途中経過はまた機会を見てご紹介したいと思います

posted by K.L.Z.C at 15:32| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

FCRスモールボディー用SEPベアリングガイド

FCRの特病でありますスロットルボディーのスライド部ボディー側の摩耗

街乗りが多く、一定速度での走行の高速道路移動の多いユーザーに多く
発生すると言われています。
同じスロットル開度で走る事が良くない訳です・・・・

・街乗りメイン・・・・アイドリング〜低開度部分が減る
・高速道路メイン・・・・中開度部分が減る

こればっかりは構造上の宿命ですのでしょうがない訳で、それが故にFCRの
中古品が多くオークションに出回っているのかもしれません。

減ってしまったボディーの修復は不可能でボディーの買い替えとなると、
新品を買った方が結果的に良いとなってしまいます

そこでスライド部の凹んだ轍部分を乗り超えるワイドローラーが売られて
いますが、これも時間の問題でいずれは同じ結果が待っている訳です・・・。

数年前からある方が、この問題を回避する為にスライドレール仕様にする
試みを進めてきまして、多くの方が 『売ってほしい』 と問い合わせコメントを
寄せていたのですが、命の預かるパーツだけに開発者の方もしっかりとした
データが無いと発売には踏み切れないと言う事で、愛車にて1万`以上の
走行試験を繰り返し、昨年末辺りから発売に踏み切ったそうです

私もそのブログに注目しておりました 『株式会社 共立工芸様のブログ』

私のFCRも貼り付き症状が出て、色々試行錯誤し結局ワイドローラー化して
使ってましたが、エンドレスの青虎さんから 『こんな物売ってますよ』 って
教えてもらい・・・ あれが遂に発売になったかと速攻注文
届いた物がこちら、FCRラージボディー用です。
・スライドレール4気筒分・・・8本
・ノックピン付きベアリング4気筒分・・・4個
16.06.07.JPG


こんな良いパーツが出たよってメンバーに紹介すると・・・・・
当然出てくるのがスモール用は無いの? って話になります。
それから共立工芸様に問い合わせ、何だかんだで話はトントン拍子に進み
走行試験をうちのメンバーの車両で行う事になりました

先日、1セット試作品が出来上がったとの事で早速取り付けに共立工芸様へ
お邪魔してきました
16.06.04.01.jpg


左 : スモール用   右 : ラージ用
DSC07966.JPG

社長の〇本さんとご挨拶もも程々にちゃっちゃと作業開始
あっと言う間にスロットルボディー取り外し各部のチェック。
DSC07954.JPG

新品で購入後定期的なメンテナンスは欠かさなかったヒロさん。
約5万`弱使用のボディーはどう言う状態か・・・
DSC07955.JPG

はい! 減ってます
アイドリング時、FCR特有のカチャカチャ音の少ないスモールボディーですが
やっぱり減るんですね・・・。
このカチャカチャ音はスロットルボディーと一緒に上下している浮動バルブが
負圧で叩かれて鳴ってるので、音の少ないスモールボディーはボディーの
減りが少ないと思っていたのですが、やっぱりラージと同じみたいです。

定期的にメンテしてもこれですから、ノーメンテの車両は・・・

カズ : 減ってますね〜。
ヒロ : お前のも減ってるよ・・・
16.06.04.03.jpg

今回のスライドレールを取り付ける場合、スロットルボディーに付いている
ローラーの内、ベアリングが入ってない一か所に新たにベアリングを
取り付けなければなりません。
下の画像の左上の部分がその部分なのですが、ノックピンを抜く必要があって
プライヤー等では簡単には抜けません・・・・
DSC07956.JPG
DSC07960.JPG


無理にこじって抜くとスロットルボディーを痛めてしまいますので・・・
電動ドリルのカラス口に嵌めてスロットルボディーを廻しながら抜くと
上手く行くそうです
DSC07959.JPG

このキットにはノックピンの入ったベアリングが付属になってますので、
このベアリングを嵌める時は、バイスに挟んで慎重に嵌めて下さいとの事です。
DSC07963.JPG

出来上がりはこちら。
4か所全てベアリング仕様になってますね
DSC07964.JPG


ベアリングに填っていた樹脂ローラーを見ると、この通り削れたアルミ粉で
白っぽくなってました。
DSC07962.JPG

バラしたついでに各部
16.06.04.02.jpg

ここまで来れば後は簡単です。 さ〜レールを組みこんで行きましょう
DSC07969.JPG

1気筒毎に動作確認は念入りに
DSC07970.JPG
DSC07971.JPG

丁寧に組みこみ4気筒完了。
DSC07978.JPG

続けて同調を取ります
同調の取り方は色々あると思いますが、今回はオーソドックスなやり方で
これが一番かも
DSC07973.JPG

最終確認はオーナーのヒロちゃん 
DSC07975.JPG

老眼だけど・・・ OKロッケンロール
DSC07977.JPG


さ〜車両に取り付けてみましょう

ヒロ : 俺外したんだから取り付けてくれよ〜 ケーブル面倒くさい。
椿 : しょーがねーなー・・・ 俺やるよ・・・

DSC07981.JPG


椿 : スロットルケーブル付けたから後はヒロちゃんやって〜
ヒロ : サービス悪いな〜。
DSC07983.JPG


外装も取り付け実走試験です
DSC07984.JPG


もしもの時の為にアドバイスを受け出発です
DSC07986.JPG


軽快にヒロちゃんを送り出し、残るメンバーは〇本さんの愛車に釘づけ
DSC07987.JPG

OZAWA R&Dでフルチューンされたこの車両
見れば見るほどスゲー
ホイールはカーボンだし、タンクもアルミ etc
DSC07988.JPG

跨ったカズが一言・・・・ ゲッ 何この軽さ。
DSC07990.JPG

私も跨ってみましたが1300ccもあるのにまるで250ccですよ
〇本さんに聞くと、1300ccだと思って起こすと反対側に倒れそうになる
人も多いとか・・・

さ〜ヒロちゃんが帰ってきました
DSC07992.JPG

ヒロ : スロットル超軽いし、出だしが凄く楽
〇本 : もうちょいスロー弄ってみましょう。
DSC07993.JPG


ヒロ : こっちの方が良いかも 吹け上がりが軽い。
DSC07991.JPG

上まで廻してませんが、薄い方向へ振れる様になると思います。
後は、ヒロちゃんに走り込んでもらって100km、1000km、5000kmと
データを取ってもらって、最終的に1万`以上ですね
なるべく早く発売に踏み切れる様に頑張ってもらいたいと思います。

あと2台位うちのメンバー車両で試験しますので、追って紹介したいと思います

さ〜だいたい決まった所で本日はお開きです。
ヒロさんがファンネルを取り付け外装も取り付けて行きます。
DSC07996.JPG

椿、ふっと気が付いた・・・・

椿 : ヒロちゃんラムエアーは・・・・?
ヒロ : そうだっ・・・・ なんで終わってから言うかな・・・・。
DSC07997.JPG


スピゴットの長い前期型はキャブを取り付けてからではラムエアーは付けられません。
再度キャブ外してラムエアー取り付けです。
DSC07999.JPG

問題発生〜〜〜〜〜
ありがちなインシュレターバンドが御臨終です
DSC08000.JPG

椿 : ホムセンに売ってるスペーサー挟むと良いよ〜。
ヒロ : そんな事良いからワッシャーくれ!

ワッシャー挟んで今回は回避
DSC08002.JPG

これで今回は終了
DSC08003.JPG

時間は13時過ぎ。
この後はファミレスで昼食採って横浜方面に向けてGO
DSC08005.JPG

第三京浜を飛ばす2台
たなちゃん号
DSC08007.JPG

ヒロちゃん号
DSC08006.JPG

今回装着したFCR用ベアリングガイドについては追って経過報告を致します
恐らくヒロちゃんのブログでも経過報告があると思いますので、
興味のある方は下記をチェックしてみて下さい。

《ヒロR&Rゼファー750のブログ》

販売元 《共立工芸様ホームページ》

《共立工芸様ブログ》








posted by K.L.Z.C at 16:51| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

ZEP750クラッチレリーズシャフトの件

メンバーと色々と話をしてて・・・・

今年初めの1月26日に更新したホームページの記事で一部皆さんに困惑を
与えてる・・・・ と聞きまして

記事はこちら → 《メンテミーティング》

バグースさんからリリースされてます、ロングクラッチアームについてです。
DSC09849.JPG

ショウさん号と椿号に取り付けようとしたのですが・・・・
椿号には何故か付かなかったのです。
DSC09850.JPG

ホームページの記事中ではここで話は終わってたのですが、
この記事を見たユーザーさんが、年式や個体差で付かない場合が
有るのでは??? と疑問に思った様です。

勿論、バグースさんの商品に問題は有りませんよ!
ここは強くお伝えしておかないといけません。

では、何故付かなかったのか・・・・
後日談ですが、シャフトのスプラインに若干の潰れを発見!
そのままでも叩き込めば付いたのですが、アルミ vs 鉄ですからね
無理はいけません・・・・

先日、メンバーから予備品を貰いまして
16.5.23.01.JPG

スプラインも綺麗ですね
16.5.23.02.JPG

これでロングクラッチアームがやっと取り付けられる

困惑してしまった方々・・・ すいませんでした m(__)m

バグースさんご迷惑をおかけしました

続きを読む
posted by K.L.Z.C at 21:04| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

良いお年を!

今年もあとわずか!

今年もK.L.Z.Cを支えてくれた友好クラブはじめ関係各位様

大変お世話になりました、お陰さまを持ちまして2015年も無事に

終える事ができます。

どうか良いお年をお迎え下さい!

また来年も飛躍出来る様にメンバー一同楽しんで行く所存です!

来年もK.L.Z.Cを宜しくお願い致します。

 K.L.Z.C Kantoh Local Zephyr Club メンバー一同
posted by K.L.Z.C at 14:50| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする